HISTORY沿革

昭和2年(1927) 創業(金大醤油)
昭和11年(1936) 創業者の坂下重太郎が死去。以後、諸味の桶売りを主として事業を継続。
昭和15年(1940) 統制経済開始(事業主不在の為かえって福音であった)
昭和25年(1950) 4月より、3男の秀雄が事業を引き継ぐ。
同年、統制経済は撤廃となり、自由競争の時代となる。
戦後誕生し漸く発展期にあった佃煮業界の調味料に着目。
昭和28年(1953) 佃煮用の醤油をいち早く生産を開始し、好評を博す。
昭和60年(1985)
9月
創業(キンダイ製麺)・小豆島手延素麺組合へ加入。
昭和62年(1987)
4月
法人化。
平成2年(1990) 小豆島手延素麺組合より脱退。独自に販売を開始する。
平成7年(1995) 「だし醤油」の製造を開始し、販売をキンダイ製麺(株)が行う。
平成17年(2005) シルバアートレ商事(有)設立。量販店向けの販売に注力する。
平成24年(2012) 全国醤油品評会にて「うすくち醤油」部門で「農林水産省食料産業局長賞」を受賞。
(香川県代表の上位入賞は8年ぶり)
平成25年(2013) 金大 銀座店出店。金大 高田馬場店出店。